フォト
無料ブログはココログ

2007年5月10日 (木)

世界のトイレ事情

私がドイツ出張に行った時トイレの前でオバサンが、座って出てくる人からチップをもらっているではありませんか(??)私も同じように1コイン払ったことを記憶しています。上海の郊外でも1元(16円)以下でしたが払いました。ドイツ人は、体が大きいせいか小便器の位置も高く、非常に使いづらい高さでした。また、小便器の中にハエなのか蜂なのか、絵がプリントされていて本能としてそこを狙ってしまうので、トイレの清掃が短時間になったと聞きました。上海は、日本の側溝(ドブ)の様な所をまたがされ、大をした記憶があります。それこそ前の人のお尻が丸見えになることは、言うまでもありません。  インドネシアは、大をした後脇に水が汲んであって、トイレットペーパーを使わず水で洗い流すと言うスタイルでした。これは、ローカルの家の話ですが、慣れるまではカナリ抵抗ありましたが、慣れたら結構気持ちよくてスッキリでした。、ハワイもアラモアナセンターあたりのトイレの中に有料で体重計(25セント2007_hwaii_096 )が置いてあったり、仮設トイレ(工事現場)も洋式で、大小分れています。2007_hwaii_051_1 2007_hwaii_052 2007_hwaii_059一番右の画像は、4月に行われたホノルルファミリー フェスティバルの会場にあった大型の仮設トイレで、右半分が女性、左半分が男性で、画像を見ても解かるようにトラック一台丸ごとと言うか、トレーラー式になっていました。アメリカ人が立小便している姿ってまず見かけないですよね!? ロスの友人に言わせると警察に見つかると“逮捕”らしいです。日本でもそうだっけ??(^0^) Mahalo