フォト
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

ペブルビーチゴルフリゾート

カリフォルニアはサンフランシスコの南にペブルビーチリゾートはある。私もゴルフのUSオープンで何度か聞いたことがある程度ですが、私の友人に聞くと「超有名だよ!!」その彼は人生丸ごとゴルフって感じで、lifestyleそのものがゴルフ中心の生活を送っています。数年前宮崎にタイガーウッズが来たときも、宮崎までわざわざ行くほどなんです。   そのペブルビーチの近くに住む友人が、今日は、カーメルでサーフィンしようとい言って、ペブルビーチを経由して行ってきました。 カーメルは1986年から2年間 あのハリウッドスター クリント・イーストウッドが市長を務めた市として知られている。 海沿いの家を見ている高そうな家ばかりなので、「この辺高いでしょ?」 と聞くと Very expensive(とても高いよ)なんて言っていました。ゴルフ好きの友人は「17年くらい前にプレーしたんだよ」と自慢げに言っていましたが、私もゴルファーだったらプレーしたいですね~カーメルも高住宅街でしたが、ペブルビーチリゾート周辺の家はもっと高級らしく、年に何回か一般に道を開放してくれるらしいです。どんだけ大きいの?って気がしますね。プレー出来ませんでしたが、写真だけでも見て下さい。Mahalo!

Big_sir_085 Pebble2 Pebble3

2008年1月20日 (日)

カリフォルニアの海

ハワイにしても、カリフォルニアにしてもビーチが本当に綺麗です。水質の事は見た目には分りませんが、日本のようにビニールやプラスティックのゴミが散乱しているような事はまずありませんよ。

昔千葉の飯岡でサーフィンをしてあがってくると白人のおじさん二人が「水は冷たいか?」と聞いてきた。 私はそんなこと無いよ!  すると白人のおじさんは、「ビーチが汚いな~ ゴミがたくさんでカリフォルニアの海みたいだ!」 聞くとカナダの大工さんだったらしく、日本でカナだ風の家を作っているとのことでした。あれから20年・・・・カリフォルニアの海を見たのはそれから数年後でしたが、ふと そんなことを想い出しました。この10数年日本ではビーチクリーンなんてやっていますが、まず海にゴミを捨てないこと。そしてゴミ箱を設置したいところですが、家庭のゴミまで捨てる人がいるんで少々疑問ですが・・・    

カリフォルニアのハンティングトンビーチには、宣伝広告を兼ねているのか!?  綺麗なゴミ箱が設置してあります。そこには何故か少しのゴミだけなんです。 でも日本のビーチにも地方自治体と企業が一体となって、ゴミ箱の設置、回収、宣伝広告等色々アイディアを出してやってみてはどうでしょうか。 MahaloSfsclasd_166 Sfsclasd_167 Sfsclasd_165

2008年1月10日 (木)

ウェイド トコロ (Wade Tokoro)

ハワイのサーフボードシェーパーで、今や世界のトップ5!!もしかするとトップ3に入るんじゃないかと思うくらい有名になったWade Tokoro(ウェイド トコロ)ですが、実は10数年前にハワイの友人に紹介してもらい、私がハワイに行くたびにボードをオーダーさせてもらっています。 日本のサーフマガジンにも何度も紹介され、ASPトップサーファーのほとんどが彼のボードを一度は乗ったことがあるくらいなんです。 彼も昨年くらいからブログを始めたらしいのです。 今回も彼のシェープルームにおじゃまし、サーフボードについて色々教えてもらいました。 彼の性格はとても優しく、謙虚、勉強熱心、控えめ  昔の日本人によくいる様なタイプなんです。 シェープルームで彼のシェープを見ていると、「ホコリだらけだからマスク持ってくるよ」と言ってくれ、私は、マスクをしたまま40,50分彼のシェープを見ていました。私が初めてボードシェーパーを友人に持ったのが彼だったせいか、彼には何でも聞けるし、信頼しています。 日本に来たときも Thanks for your support. Keep surfing ! Aloha なんて書いたTシャツをくれたり、気配りもしっかりしています。今回行ったときは、弟のKerryと3人で20,30分雑談をしました。これからも最高のサーフボードを作ってサーファーに感動を与えて下さい。Mahalo

089 090 092

2008年1月 9日 (水)

ドナルド タカヤマ(ハワイアン・プロ・デザイン)

今日は、ドナルド・タカヤマのサーフボードをグラッシングしている工場を見学しました。カリフォルニアは、オーシャンサイド周辺で、このグラッシング工場は数あるグラッシング工場の中でも最大級でアル・メリックと同等クラスで、世界のドナルドファンからのオーダーでいっぱいでした。その他にもHYNSON等々のグラッシングをしていサーファーなら皆興味深くなることでしょう。ここもチャンネル・アイランズ同様工場のオーナーがいつでも来なさいって言われましたので、今度は自分のサーフボードをシェープしてグラッシングしてもらえれば最高ですが・・・・(笑)Mahalo

P.S. どこの工場もサーフボードには触らないでねってありました。Do not touch!

Sfsclasd_252 Sfsclasd_255

Sfsclasd_256 Sfsclasd_270 Sfsclasd_266

2008年1月 5日 (土)

チャンネルアイランズサーフボード ファクトリー

皆さん明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。また、ブログの方も少しずつですが更新しますので、宜しくお願いします。

昨年の12月カリフォルニアのサーフ産業で仕事をする友人にチャンネル・アイランス・サーフボード゙(Channel Islands Surfboards)の工場に連れて行ってもらいました。「ここは一般には公開していないので、とても貴重な体験だよ」と友人に言われて連れて行ってもらいましたが・・・・ものすごい量のサーフボードでびっくりしました。多すぎて本数はカウント出来なかったかったんですが、私たちサーファーにとってはどのボードも乗りたくて目がキョロキョロ状態でしたよ。笑)そこにはロブ・マチャドのサーフボードもあっったり、Sfsclasd_244 Sfsclasd_243 Sfsclasd_241

長いボードはあのマーベリック用の9’8”のボードなんかもあり色々見せてもらい貴重な体験でした。「また見せてくれるとSfsclasd_248 !?」とお願いしたら  「いつでも来なさいSfsclasd_251 」と言ってくれました。Mahalo

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »